屋形船からの夜の景色はすばらしいです

知り合いから屋形船に招待して頂き先日乗船してきました。船内で食事をしましたが、おさしみや揚げたてのてんぷら、あさりごはんなどが出てきてとてもおいしかったです。潮風に当たりながら見渡す夜景は、今まで見た事がないくらいとてもすてきでした。お台場周辺で一時、船を止めて下さいました。少しゆれる船の中から東京湾の景色を眺める事が出来あまりの素晴らしさにとても感動しました。屋形船に乗船したのが、初めてだったので、食事にしろ、景色にしろ全ての事に感動した1日でした。この状態で、花火など見られたら最高だと考えて、夏に申し込みに行きましたが、すごい込み具合で、キャンセル待ちしかありませんでした。知っている方は早くから申込みをしていたようです。次回は、家族を連れて是非もう一度乗船して、家族全員で感動を味わいたい気持ちでいます。

屋形船は夜がおすすめ

屋形船に乗るなら昼間より夜の方がおすすめです。提灯や街の灯りなどが綺麗なことはもちろんですし、その灯りが水面に反射することで、より一層楽しめます。もちろん昼間の場合でも、夜とは違い普段見ることはない川からの風景をはっきり見ることができ楽しめます。しかし、もし船酔いすることが不安があるのらば夜の方が断然おすすめできます。船酔いしやすい原因の一つは、船に乗ることで船酔いしないか不安になり、その不安と緊張から船酔いしやすいとも言われています。そのため明るい昼間では、船に乗ることで建物や空などの風景が揺れることで、自分の感覚では制御できなくなり船酔いを起こしやすくなります。酔い止め薬などで対策できることもありますが、夜の場合は、灯りは見えますが建物や空は昼に比べて見えにくくなるため船酔いしにくくなります。

屋形船でイベントを満喫したい

毎年、桜が咲く季節になると、テレビや雑誌などで見かけるのが屋形船で楽しむお花見の様子です。桜の木の下でお花見をするのとは一味違った楽しみ方ができるので、その様子を見かけるたびに興味を持っています。また、夏は花火を楽しめる季節ですが、花火も屋形船を利用することで優雅に楽しめると聞いて以来、ずっと憧れています。インターネットで調べてみると、屋形船はインターネットで手軽に予約できることがわかりました。美味しいお料理を楽しみながら、お花見や花火といったその季節ならではのイベントを存分に楽しむことができるので、来年の春は予約をしてお花見を楽しみたいと検討しているところです。さらに、花火のシーズンも予約をして、友人や同僚たちと一緒にいつもと違った雰囲気で花火を楽しむことができたら、とても素敵な夏の記憶になるのではないかと期待しています。

船が違う。味が違う。料理が違う。だからメディアがほっとかないんです。 東京近郊にお住まいの方はもちろん、観光でいらした方も、ぜひ東京の迫力ある景色を堪能していただきたいです。 屋形船7隻の大船団。掘りごたつ式や展望デッキ付き、120名乗りなど多彩な船でお待ちしております。 クルーザー立食カジュアルコース、お一人様8900円。 リピーター率が高いのも、人気の証し。 屋形船で宴会をお考えなら船清に決まり!